言われなければ気がつかない、現場で使われているのりやテープなどの資材たち。使う資材によって、仕上がりや"持ち"が全く違うんです!よりキレイに仕上げるために、クロスやクッションフロアに隠れて見えないところにも、職人のこだわりが詰まっています。

ご存知ですか?賃貸物件で使われている資材のコト

厳選資材

一般的に、賃貸物件では施工費を抑えるため、安価な資材が使われることが多いです。そのため、時間が経つとクロスがめくれたり、クロスの継ぎ目が開いてしまったり、変色したり…なんてことが!

大家のしんちゃんでは、リフォーム後もキレイな状態が長持ちするように、新築の住宅で使用されている資材を使用しています。

壁・床の施工で使用している資材

セーフティテープ

クロスをカットする際に下地ボードに傷がつくと、クロスの継ぎ目が開く原因となります。セーフティテープ(保護テープ)を使うことで、下地ボードを傷つけず、キレイな仕上がりに。

  • 一般的には保護テープが使われていないことが多いです。
セーフティテープ

壁紙のり

下地ボードにクロスを張る際に使用する接着剤のこと。のりにボンドが混ざっているため、クロスのめくれや剥がれを防ぎます。また、人体への影響の少ないF☆☆☆☆(シックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドが最も少なく、最上位規格)を使用し、住む人の健康も守ります。

壁紙のり

エンボステープ

壁紙にのりを圧着させるテープのこと。肉厚のものを使用することで、しっかりクロスを圧着させることで、クロスがより剥がれにくくなります。また、処分の際に焼却しても有害物質が出ないため、環境面にも配慮しています。

エンボステープ

シーム液

クッションフロアを張り合わせる際、継ぎ目にシーム液を流し込むことで、めくれや剥がれを防止します。

シーム液

リフォームや定期清掃のご依頼、アパート経営へのギモンやお悩みなど、
浜松の大家さん、お気軽にお問い合わせください!

053-571-5344

053-571-5344

営業時間 9:00~17:30(日・祝除く)

メールでのお問い合わせはコチラ